舞台芸術創造事業

音楽座ミュージカルが私たちの原点です。

舞台の続きが
あなたの人生に広がる。

音楽座ミュージカルは、オリジナルの舞台作品を通じて、 「生命(いのち)」「希望」をベースにあらゆるメッセージを伝えています。作品を構成する様々なキャラクターは、あなたの分身であり、あなたの人生と重ね合わせられる人物ばかり。 観劇後、自分のミッションを少しでも感じたなら、あなたの日常は舞台の続きです。

ABOUT

再演のない舞台づくり
ワームホールプロジェクトが
紡ぎ出す世界

音楽座ミュージカルには「再演」という考え方がありません。 より質の高い作品を生み出すために、毎回、ゼロベース(原点)から作品を組み立てます。 そのプロセスにおいて、カンパニーメンバーは全員が当事者となり、自分自身が何を欲しているのかを追求する。この独自の制作メソッドを「ワームホールプロジェクト」と呼んでいます。

音楽座ミュージカル14作品

「ラブ・レター」
ー 原作:浅田次郎「ラブ・レター」(集英社文庫『鉄道員』所収)

2013年に、浅田次郎氏の同名小説を原作に創作されたオリジナルミュージカル。東日本大震災をきっかけに“死者が生者を励ます物語”として生み出された本作品は、音楽座ミュージカルを創立した相川レイ子の最後の生前最後の作品となりました。初演から10年近くが経ち、世界も様変わりした今だからこそ上演できる新しい作品として、2022年6月から、新脚本・新演出で上演します。

READ MORE

受賞歴

音楽座ミュージカル公式サイトへ